アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOWに行ってきたレポート に

なんて言ったら良いんでしょう。この感動は。

凄かったです。最高の一言に尽きます。51歳にしてあのパワー。

スタンド!アリーナ!立ち見!みんなありがとねー。
お約束の、このフレーズ。健在でした。

1万5千人が最初っから、最後まで、立ちっぱなし。

今回は「呼び捨てでも構いません」というふれ込みだったので、自分
思いっきり「桑田~ぁ!」とぞんざいに呼び捨てで叫びまくってみま
した。

私は3階席のステージから見て一番左端の最前列という条件的には、
あまり良い席ではなかったのですが、桑田さんは、こっちを向いて
手を振ってくれました。感激です。

スタンド・アリーナには、花道が用意されており、桑田さんが縦横
無尽にファンサービス。握手あり、ハイタッチあり、すごいサービス
でした。

今年は桑田さんは「明日晴れるかな」「風の詩を聴かせて」「ダーリ
ン」という三大ヒット曲をひっさげてのライヴです。それも「明日晴
れるかな」はフジテレビ系 月曜9時ドラマ「プロポーズ大作戦」の主
題歌、「風の詩を聴かせて」は映画「Life 天国で君に逢えたら」の主
題歌とてんこ盛りです。「ダーリン」は発売直後なので、その2大曲
に押されるかと思いきや、どうしてどうして。

今回のライヴのテーマ曲は、完全に「ダーリン」でしたね。

あの曲は、宝塚の最後に歌われるような、お約束ソングになること請
け合いですね。本当に歌謡曲の香りがプンプン匂います。なんか懐か
しくなるんですよね~。



どうでしょう。なんか口ずさみたくなるフレーズがてんこ盛りでしょ。
それに曲もノスタルジックでしょう。ベタに横浜をロケ地に選んでいます
が、見応えのあるPVではないでしょうか。

また一つ、ライヴで盛り上がる曲ができましたね。

今日の見せ場は、「ダーリン」と「波乗りジョニー」とあとは・・・

そう、私が最も愛する歌「祭りのあと」です。

祭りのあとの歌詞って、情けない自分へのオマージュだったりするので、
自分とダブる部分があるわけですね。超感情移入してしまうのです。

いや~。最高でした。桑田さんが51歳でしょ。私が42歳。まだまだ
これからです。勇気を貰いました。

心なしか、客層がもうシニアばっかりなんですね。だから皆礼儀正しい
です。入場も退場も誘導に従ってスンナリと。行儀がよいです。

なんか、それも寂しい気がしましたが、それも仕方ないのかな・・桑田
さんももう大御所の域に達していますからね。

今年はこれで年を越せそうです。

でもごめんなさい。実は、呼び捨てSHOWですが、12/30も行くん
です・・すみません<(_ _)>2日も行って。

しかし、私の友人のサザン狂は、3日間行きます。凄い・・・

今日のコンサートの模様はお見せすることはできませんが、何点か撮った
ショットで雰囲気を察してくださいまし。

今回のコンサートの主催者ワンダのポスターです。
PICT0023-light.jpg


桑田さんのロゴ?家紋?がデザインされた手拭いです。風呂には使いません。
ペナントみたいに飾ります。
PICT0033-light.jpg


パンフレットはお洒落なんですね~。ギターを型どったデザインです。
PICT0035-light.jpg


太っ腹なことにコンサート参加者全員に、ワンダモーニングショット2本を
プレゼントという趣向。
PICT0030-light.jpg


1本は2008年1月8日新発売の「ワンダ 金の微糖」です。明日人間ドッグ
なので飲めませんが。orz






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

サイト分析事始め

先日、RSSリーダーの件で触れた、「私のブログのレスポンスが遅い件」について
推論を立てました。

そこで、今日のアップルのOne to Oneサービスでサポートを受け原因らしき部分が
判明しましたのでご報告します。

レパード添付の「サファリのデフォルトコマンド?」というのを使えば、サイトのど
の表示の部分に時間が掛かっているかが一目瞭然に分かります。

どのオブジェクトがどれくらい表示時間が掛かっているのかを棒グラフで分かりやす
く表示してくれるのです。

私のサイトの場合、どうやら写真が重いようです。FC2の場合、サーバレンタルが無
料なだけあって、サーバの処理能力に問題があるみたいです。70KB以上の画像をア
ップロードすると、とたんに表示が遅くなるという問題があるようです。

一番良いのは画像サイズを320x240に収めることらしいです。しかし、元写真家を
目指していた私としてはどうしても640x480に拘りたいという気持ちがあります。

そこで今度から、もう少し画像のサイズを落としてみることにします。また、月間の
アーカイブの表示件数も今まで50件というデフォルト設定だったのを5件に減らし
ます。

コメント・トラックバックも私の承認後に表示するという設定に変えました。(最近
スパムが増えてきたため)。

あれこれ試行錯誤しながら、今年のベストショットを載せたいと思います。

今年の一枚はこれ。全く世相には関係ありませんが、美しい写真追求している中で
偶然撮れた一枚です。写真家みたく地面に仰向けになって空を見上げる格好で撮っ
た一枚です。写真は立って撮るものという自分の中の常識を覆した一枚なので、
結構気に入っています。
コスモス最大


ファイルサイズは24KBに押さえました。これくらいに収めないとFC2では負荷が
掛かって、レスポンス良く表示してくれないようです。

あとはHTML形式で記述している文章を、自動改行に任してみるという試みをして
みます。なぜかというと、探していたMacで使えるRSSリーダということで行き着
いた一つの解が「Google RSSリーダ」がRSS化されていないブログをRSSでブッ
クマークしてくれる、私の求めていたRSSリーダっぽいんです。

しかし、2点程、難点があります。一点目は改行が反映されずに、改行のない平坦
な文章に見えてしまうこと。二点目は画像が表示されないこと。この2点です。

これは大きな悩みです。今まではGoogleのアドセンスとGoogleAnaliticsを配置し
たかったので、改行の扱いを「HTMLのみ」にしていましたが、アドセンスは諦めて
FC2デフォルトの「自動改行」の設定にしてみます。

さて、いったいどうなることやら。ちなみに私のブログはβバージョンです。進化
の途中です。少しばかり重いのは勘弁頂きたいのですが、サイトの表示レスポンス
が4秒以上掛かると、サイトに呼び込めないという現実がありますので、来年はサ
イトのチューニングに神経を注ぎたいと思います。

あと、このデザインはFC2のレンタルフォームを使っており、シンプルですっきり
した印象があり、結構気に入って使っているのですが、いかんせんブログタイトル
がブラウザによっては枠をはみ出してしまうという不具合があります。

ブラウザのFireFoxとsafariで不具合を確認しています。ブラウザも百花繚乱で、Ie
だけではありません。全ての環境に合致するサイトを作ろうと思ったらテストが大変です。まぁアクセス解析をしてみると、ほとんどがIeで次いでMozillaと続きます。
Ieが98%を占めると言っても良いでしょう。MozillaはNetscape社が運営している
ブラウザで追いつけ追い越せIe!を旗印に頑張っているみたいです。

私のブログのアクセス解析結果から統計を取ると、

・Ie      94%
・Mozilla    3%
・Opera     1%
・safari   0.7%
・Rippers  0.5%
・FireFox 0.3%
・Netscape 0.1%
・その他   0.4%

といった順で構成されています。圧倒的にIeが多数派を占めていることになります。
ここで問題が。Mac版レパード版のIeがないんですね~。これではIeでのテストは
オンボロのDellのパソコンで行うしかありません。なんだかな~ ┐(´ー`)┌

せめて、自分の環境ではまともに表示されるようにしないと、元SEを名乗れません。
(元SEとはいっても大したスキルは持ってませんが・・・)

目標は

・Google RSSリーダーで自分のブログが改行されて見れる
・Google RSSリーダーで自分のブログの画像が表示される
・ブログ表示時間4秒以内までレスポンス向上
・Twitterを使いこなせるようになる

ということにしたいと思います。きっと困難の道のりが待っていることでしょう。
しかし、私は諦めません。必ずや達成してみせたいと思います。(4つ目の目標
は、今ブロガーの間で旬なので波に乗り遅れまいという決心の表れです・・)

色々やりたいことはあるんだけれども、如何せん技術がないときている。。ストレス
ですね。勉強しなくちゃですね。

来年は飛躍の年にしたいなぁ。。。(´~`)





テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

百式企画塾に再(々々々々)挑戦してみるかな

やってきました。今年最後の百式企画塾。

今回も本のプレゼント企画。今回の企画は

今年最後の百式企画塾『ブロガーに効く!本の付録を考える!』です。

お題

2008年、書籍はますますブログを通じて売られるようになりました。そのトレンドを受け、「ブログで書いてもらうためには、この付録は外せない!」という付録のアイディアが広まるようになりました。その付録について次のことを教えてください。
その付録は、ブロガーが(A)なときにブログを書きたくなるという習性を利用し、本文中にある(B)とも連動した(C)なる画期的な機能を搭載していた。その付録の名前は(C)。

※ もしよろしければ図解もどうぞ。



今年度末でブロガー人口が800万人を超す勢いで成長中です。まさに10人に一人
の割合でブログを持つ時代がやってきている訳です。ブログをやっていないアナタ!
焦燥感を感じていることでしょう。

日本人は横並び意識が強いですからね。お隣さんが新しいことを始めていると、結構
気になったりするわけです。私も4年前はブログが超気になってましたから。

日本人は和を強調し、出る杭を打つという国民性。ブロガーはまさに出る杭。この
相反する問題をどう解決していくか?官の出した答えは個人のサイトをフィルタリ
ングしてしまうというものです。お粗末ですね~。考え方がビンカンではありませ
ん。規制がなかったからこそ、インターネット産業が伸び、雇用が生まれ、優良な
コンテンツが生まれてきたのに、個人サイト(勝手サイトと呼ばれている)をアダ
ルトサイトと一色単にして、一気に規制の網に一網打尽という考え方は、あまりに
も安易や過ぎませんか?

おっと、前置きが長くなってしまいましたね。そろそろ私の解答を披露させて頂き
たいと思います。

2008年、書籍はますますブログを通じて売られるようになりました。そのトレンドを受け、「ブログで書いてもらうためには、この付録は外せない!」という付録のアイディアが広まるようになりました。その付録について次のことを教えてください。

その付録は、ブロガーが(A)(ネタがある状態)なときにブログを書きたくなるという習性を利用し、本文中にある(B)(ハイライト)とも連動した(C)(重要箇所をクリックするだけで、その引用文をとりあえず、今日の下書きブログの引用文としてアップロード、保存してくれる)なる画期的な機能を搭載していた。その付録の名前は(C)いいいいんよ~くん(いい引用~くん)

ちょっとヒネリもないですし、時事ネタもありませんね。今回は自信なしです。図も
ないですしね。

でも、この「引用」っていうの結構使うんです。引用するのに、別ページ開いて、コ
ピペして、本文選択して、引用マークを押下する、という結構面倒くさいアクション
をしている訳です。URLの引用にしたってそうです。文字を書いて、別ページ開いて
、URLコピペして、本文選択して、URL引用マークを押下する、結構面倒くさいです
よね。この数アクションを1アクションに変えるのが今回のサービス。できたら結構
ブログ書くのが楽になるんですけどね~。

誰か、マジで実現してくれないかなぁ?

て言うか実は百式のバックナンバー読んでいれば、既にあるのかも・・・

図は難しい事が分かりました。タブレットを買ったはいいのですが、使用法分からず
不良在庫になりそうな予感。。あぁ誰かこの私にタブレットの使い方を教えてくれな
いかなぁ・・・

来年、お金を貯めて Mac版のVISIOである「オムニグラフ」でも購入しないと、どげ
んともならんっていう感じです。

文章はやっとまともらしきもの(?)が書けるようになったので、次の課題は図です
ね。あぁ~、こりゃ先が思いやられるわ~。






テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

クリスマスはディズニーシーでというベタな選択

クリスマスにディズニーシーとしゃれこみました。

さすがに平日のシーは若者でいっぱいでした。ラブラブモード全開で見ているこっちが恥ずかしくなる程です。特に我々は17時頃、ナイトショー目当てで行ったので恋人たちがわんさといました。恋する若者たちのオーラを久々に浴びた我々はちょっと当てられてしましまいましたが、逆にパワーを頂いてきました。

今日はクリスマスとあって、イベントが盛りだくさんです。水上ショーが華やかに開催されていました。イルミネーションが綺麗でゴージャスでしたよ。さすがはクリスマス。盛り上げてくれます。百戦錬磨のディズニーだけあって演出が年々進化しています。

水上で炎の化身が怒り狂い、炎を噴き、暴れますが、水の化身が現れ、炎の化身を鎮めます。炎の化身と水の化身はお互いを認め合い(たぶんそんな演出だと思う)最後には大円団のフィナーレを迎えます。

壮大な炎と水の水上ショーでした。思わず魅せられてしまいました。イルミネーションは軽井沢でお腹一杯になったつもりでしたが、ディズニーはスケールが違います。混んでいるのを覚悟で行きましたが正解でしたね。たまには皆と同じ行動をとるのも悪くないと思わせるショーでした。

我々の中では、ランド・シーとも乗り物は乗りつくした感があります。更なる高みを目指す方法としては、ミュージカルやショーやレビューを観ることです。我々はまだ通ではないので、ミュージカルを一回観ただけですが、あれだけでも普通の劇場で観たら4、5千円は下らないと思います。

ランド・シーで乗り物だけしか乗ったことがないとしたら、非常なる損失だと思います。是非とも、ミュージカルなどを観ることをお勧めします。我々は毎回同じものを観てしまう傾向があります(今回もアラジンを観てしまいました)。次回は大人のディズニーの楽しみ方を行いたいと思います。

ランド・シーの中で、我々がもっともお気に入りの食事処は、ディズニー・シーのアラジンのエリアにあるカレー屋さんです。今度、シーに行く機会があったら、是非とも足を運んでみてください。そして「三種のカリー」をオーダーしてください。

文字通り、シーフード・チキン・ビーフカリーが小皿に盛られており、ライスとナンが漏れなく付いてきます。ここのナンが絶品なんでよ。歯ざわりがモチモチとしていて最高です。我々のナン暦は古く、かつて竹中直人が「ナン男」という役を演じていた頃から、ナンを追い求めています。(10年以上前)

まだ竹中直人がお笑いをやっている頃です。そう、あの名作、「笑いながら怒る人」を頃です。そんな昔からナンを追い求めている我々ですから、多少の信憑性はあると信じています。まぁ騙されたと思って、一回足を運んでみて下さい。絶対損はさせませんから(ちょっと辛いです。お子様には三種のカリーはまだ早いかも知れません)

恋人たちにあてられながらも、水上ショー2回、花火1回、巨大ツリーの前での写真撮影、カリー、アラジンと急ぎ足でシーを駆け抜けました。4時間の滞在でしたが、結構堪能できました。

クリスマスにディズニー・シーなどと、ベタな行動を取ってしまいましたが、たまには良いものです。やっぱり日本人は「ベタ」好きですからね。「お約束」が好きなのです。だって、水戸黄門や男はツライよなど、ベタなもんが大好きですからね。かく言う私もベタなもん好きです。

最後になりますが、今日のお土産売り場の状況はすざましかったですよ。こりゃ~オリエンタルランドやディズニーもウハウハだろうな~っていう位、グッズが飛ぶように売れてました。サブプライムローン問題?何それ?っていう感じです。世界の株安がウソのようにモノが売れてました。

やっぱり消費の勢いは若いモノが凄いですね。クリスマスだからという理由だけでは説明が付かない様な景気のよさでした。見ていて気持ちよかったです。モノが右から左へと受け流されていくさまは、見ていてスカっとしました。

今年の年収めに良いモノを見させて頂きました。また良いクリスマスプレゼントでした。

今日のベスト(?)ショットを何点か載せて、今宵はここまでにしとう存じます。

メリークリスマス!

ディズニー・シーのシンボルのお山です。幻想的です。珍しくピントが合いました。
PICT0102_edited-1_20071226032935.jpg


アラジンエリアでの一枚。これもピントが合いましたよ~。
PICT0106.jpg






テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW.のチケット届きました

来ました!桑田さんのコンサートのチケット

呼び捨てでも構いません!!『よっ、桑田佳祐』SHOW のチケットが。

この時をどれほどまでに待ったでしょう。思い返せば今年の9月頃、桑田さんのコンサートが あると聞き及び、なんとか13年以上消息不明になっている、昔の友達(この友達が根っから のサザンファンでファンクラブ暦20年以上)と連絡を取ろうと思い探偵になったことを昨日の ように思い返します。

本当に探偵のようなことをやったかって?違いますよ。昔の友人の本名をググっただけです。 ヒットしたんですね~。これが。彼は転職先で大活躍しており、会社のホームページに載る ほどの活躍をしていたんです。そのツテで彼の連絡先を知り、なんとも13年ぶり位に連絡 が取れたという訳です。

彼は、やっぱりいまだにサザンのファンであり、会社を転職してからもずっと毎週海に通って いたそうです。なんと子供まで授かっており、その子供も毎週強制的に海に連れて行かれて いたそうです。

毎週海?凄い子供もいたもんです。物心付いた時から海が身近なものだったとは。どういう 感受性の子供に育つやら将来が楽しみです。海に関する小説でも書いてくれないかなぁ。

とにかくです。その友人がサザンのファンクラブに入っており、今回のチケットゲットと相成った 訳です。

二重の意味で感慨深いものがありました。再会の喜びと桑田さんに会える喜び。ダブル役満 をあがった時のような感じです。

チケットを見ると「ステージサイド席」とあるではないですか。アリーナではなくスタンドみたい ですが、前回のサザンのコンサートは2階立ち見でしたから、それから比べると雲泥の差で す。

今回のチケットは桑田さんの写真がプリントされており、ゴージャスです。 PICT0725_edited-1.jpg

これがチケット。桑田の「桑」がアーティスティックにデザインされておりクールです。これで 今年の大ヒット曲たちを聴けるんですね。「風の詩を聴かせて」を生で聴いたら泣いちゃうか も知れません。

なんで桑田さんは50歳を超えてもあれだけの大ヒットを出し続けられるんだろうと疑問に思い ググったんですが、その理由は解明できませんでした。今回の「ダーリン」は歌謡曲テイスト に満ち溢れたバラードですね。「明日晴れるかな」「風の詩を聴かせて」「WONDA GIRL~恋 するワンダ~」そして今回の「ダーリン」といずれも毛色の異なる曲を創り続けられるその源泉 はなんなのか?と思い、2000年9月の「Free&Easy 桑田佳祐とつくる一冊」という雑誌 を引っ張り出してきて読みふけってみました。そうすると気になる下りが

記者:クリエイティブを仕事にしている人って、この年で現役退く人が多いじゃないですか。 たとえば35、40くらいでも。桑田さんは相当に現役感がありますね。身も心も。

桑田:ありますね。これはなんでだろうな~。音楽しか知らないっていうのがあるんですよね。いろいろな人に使われたとか使ったという経験もないしね。20年前は年上の人も大勢 いたけど、今は年上の人なんて周りにはほとんどいないじゃないですか。で、若い人間 がある種こっちを見ていてくれているじゃないですか。もうすぐ22年になるんですけど、 デビューしてから10年位は中途半端だったな」、なんて思ってね。でもここまで来ちゃう ともう「エライでしょ」みたいな。明らかに目の前にいる若者よりも俺の方が経験値高い んだから、最高なんだから、ある種序列ができますよね。その序列っていうのをやっと 知り始めたのが、ホントこの3、4年だと思うんです。序列がない世界でずっときたしょ。 明らかに44歳っていうと、まわりにいる人間が32とか33とか25とかもう、ある種歴然 とした序列ができるんですよね。そういったらずるいかも知れないけど、どの秩序加減 を。身をもって経験してますよね。最近は。

記者:桑田さんからは、小室さんとかつんくさんとか、プロデューサーの臭いがしてこないん ですけど・・・。結構、野村(克也)さんみたいな、生涯一捕手、生涯現役という印象が 強い。

桑田:うん、プロデューサーって言葉もあんまり好きじゃないしね。多分日本の中でプロデュ ーサーっていう言葉を知らしめた部分で、小室くんとかつんくちゃんとかは、すごく存在感 あるとは思いますけど・・・。日本人が日本で音楽やっていること自体が、プロデューサー とかアーティストっていう言葉だとちょっとお前ら恥ずかしくないかなって僕は思うんです よ。カッコつけて言っちゃうと、恥の美学みたいなもの。アーティストとかエディターとか、 プロデューサー(CO-PRODUCER)まで最近出てきやがってみたな。ゆずだってフミ ヤだってサザンだってアーティストみたいな、なんかそういう括りはね。 僕、アーティストって言われるのがものすごい嫌なんですよ。抵抗はしませんけど・・・。 あと、曲のことを「楽曲」って言われたり「作品」って言われるのも嫌っていうか、ピンと こないんですよ。「歌は歌ジャン」って思うんですよ。それは、まぁ、僕なりのある種の 恥の美学ですかね。楽曲じゃなくって、これは歌だし、俺は歌手だし、アーティストじゃ な。アンディー・ウォ^ホールがアーティストだと。それはよくわかります。坂本龍一が アーティストだと、これもわかる。だけど、それを便利に使っちゃうと、なんだかどいつ もこいつも夢がないなぁなんて思うんですよねぇ。若いオンナの子にもいるもんな、最近 「アタシ、花屋のプロデュースやってんの」なんて。オイオイオイみたいのが。それと同 じことがいわゆる、「邦楽のアーティストたち」なんて言い方でね、ゾッとするんですよ。 なんの話か忘れましたけど、そのプロデューサっていう言葉を聞くと、ある種の悪寒を感 じますよね。オンナの子と飲んでいるときに、なんとか空間プロデューサーとか言う肩書 きの名刺を出す人いるじゃないですか。最近ではメールアドレスなんか入ってたりして、 そういう人に限って金に細かいとかね。とにかくキレがないの。しなやかじゃないの。 なんだか・・。

記者:彼らって営業に長けてたりしますよね

桑田:うーん。そういう人もいるでしょうね。だけど、自称プロデューサなんていうよりは「俺 は○○魔(自主規制)だ」と言っている方が説得力あると思うんですよ。「僕、フリーター」なんてね ・・・。フリーターでもストーカーでもなんでもいいんだけど「○○魔で逮捕歴2回」っ て言われる方が俺は納得できますね。これも言葉遊びかもしれないけど、そこに人の 誠意を感じるんですよね。

記者:ハハハ、面白い。

桑田:フフフ。どこか自分のなかにね、横文字に対する根本的怨念みたいなものはあるんで しょうねぇ。冷ややかな思いはありますよ。いわゆるそのへんの、辣腕プロデューサーの プロデュースしたものを聴いて喜ぶのは要するにショーヒャクだと思うんですよ。俺は、そ こに醸し出されるプロデューサーという威厳とかアーティストと言う名の新興勢力に対し てあんまり夢を感じたことはないから・・・。「歌手」でいいじゃないのって思いますけど。

なるほど。肩肘張らずにやっているから長く続けられるんですね。それと勉強しているんでしょ うね。桑田さんの歌詞を聴いていると、時代のトレンドを読んでいるなぁと思うことがしばしば あります。 今、時代はグーグルに始まるWeb2.0の波が世間を席巻しています。まさに明治維新に次ぐ 時代の転換期にあると、私は思っています。だからブログを始めたし、Web検定も受験しまし た。

しかし、桑田さんの「ダーリン」を聴くと、「おい。そんなに肩肘張るなよ。お前はお前だろ。 そのままでいいじゃん。あまり高望みするなよ。若いもんに次の時代は任せればいいじゃん」 と言っているように聴こえてきます。

しかし、まだやり残したことがあるような気がしてならないんですよね。こう言うと大げさかも 知れないのですが、何か世の中のためになることを何も成し遂げていないような気がするんです。

龍馬なら、今の私を見てどう声を掛けるでしょう?「おまん、まだまだいけるぜよ」と言って欲し いそんな期待があります。まだ男としても枯れてはいないし、仕事人としても枯れてはいない という自負はあります。

から回りする傾向はありますけどね。「ああ~日本のどこかに私を待ってる人がいる♪」と 山口百恵は歌いました。そうです。いい日旅立ちです。どこかに私のスキルを必要としている 人がいるに違いありません。その時の為に、Web知識はもちろんのこと、英語も勉強したいと 思っています。英語はこれからのグローバル時代には必須のスキルですからね。勉強して話 せて読めるようになれば世界はきっと広がるに違いありません。

では、お約束。せーの、がんばんべ~(~o~)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。