アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

竜馬がゆくの歩き方 その一

竜馬がゆくを読んでいます。


最近ビジネス本に偏っていた感がありましたので、あえて本棚から引っ張り出して読み始めました。


やっぱり面白いですね。既に古典というジャンルになるのでしょうか?古くから親しまれている本はやっぱりランキングトップの本とは一味違う面白さがあります。


今、竜馬がいく その一 を読んでいますが、血湧き肉踊ります。


一巻目で黒船が出てくるんですね。もっと後かと思っていましたが、いきなりハイライトがきている訳です。


私が八巻まで飽きずに読んだっていう事は、ハイライトが随所にちりばめられているという事に他なりません。さすがは司馬遼太郎です。


ビジネス書とは違い、ブームで読まれているのではなく、万人が長年に渡って愛し続けている そんな本からはやっぱり学ぶ事が多いです。


例えば、松下村塾を開いた吉田松陰のくだりなどイイですねー。


「男子たるもの、自分の人生を一遍の詩にする事が大事だ」


と門下生に教えたそうです。桂小五郎はそれに感化されて尊皇攘夷の運動に身を投げ出したとか。私の人生は漫画の如くなので作文にさえなりませんが。。(笑)


ちなみに日本には言霊信仰がありますが、この一言によって明治の元勲である木戸孝允の人生を決めてしまったのですから言葉のパワーは凄いと言わざるをえません。


言霊信仰があるから、それだけ言葉に対する想いが強すぎるのかも知れませんが、日本人はあえて言葉にするのを億劫がるきらいがありませんか?


ワイフやダンナに「ありがとう」の言葉を伝えてますか?言葉にしないと伝わらない想いがあります。たまには「ありがとう。嬉しいよ(わ)。」と言葉に出して言ってみませんか?相手の反応にビックリするはずです。


変化がなくても言い続ければきっといつか変化があらわれるはず。


そんな優しい気持ちを想い出した竜馬がゆくの一巻でした。きっと次巻以降もたぎる気持ちを思い出させてくれるでしょう。楽しみです。


竜馬がゆく その一の歩き方の参考になれば幸いです。


竜馬がゆく〈1〉 竜馬がゆく〈1〉
司馬 遼太郎 (1998/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
ブログランキングに参加しています

記事に満足した方はクリックお願いします。

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

○○力という本の歩き方





○○力(りょく)とタイトルの付いた本が好きです。

元々は斉藤孝センセイの書いた本が発信元になっていると思いますが、私が持っているだけで下記の様な本があります。

読書力 質問力 教え力 コメント力 だまされない<議論力> 感動力 段取り力 頭がよくなる四字熟語力 コミュニケーション力

斉藤センセイの本が7割を占めます、「なんとか力」というタイトルが付いている本を店頭で良く見るのは確かです。

売れ行きがよいのでしょう。一時期は「頭が、良い人悪い人」的な対照タイトルが流行りましたね。今度は斉藤センセイは「○○塾」という本のブームを起こそうとしています。早速「速読塾」という斉藤孝センセイの本が店頭に並んでいました。

齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる! 齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる!
斎藤 孝 (2006/10)
筑摩書房

この商品の詳細を見る


一瞬手が伸びましたが読んでいない本が溜まっているので断念しました。 私はこれらの本を読み、深い感銘を受けました。

そこでインスパイアされたことを綴ってみましょう。

上記「力」シリーズは、基本的にコミュニケーションの手法を教えているものです。上記を有効に使えば、人間関係が円滑に行く事は間違いないと思わます。

もし、人間関係がうまく行っていない方がいればぜひとも上記の本を一読する事をお勧めします。

私が日頃思っていることで、人に感動を与えるという意味で「握手力」という考えを提唱してみたいと思います。

私はこの握手力に感動させられた事があります。

それは苦労して徹夜してカットオーバーを迎えた某劇団のチケット予約システムでした。

その劇団は2000年を迎える記念すべき年に新しいミュージカルの初演に向け自動音声予約の開発を行なうプロジェクトで、プロジェクトは苦労苦労の連続でした。

数百回線から来る電話予約を自動でさばくという従来にない大掛かりなシステム。まだインターネットはネットスケープが主流でINS64が普及しだした頃、その某劇団はINS1500というより回線速度の速い専用回線を本部まで引き込み万全の布陣を牽いての体制でした。

某劇団も皆エース級の人材ばかりが揃って、システム構築にあたりました。

テストも熾烈を極めました。全国何十万人の会員からのコールに耐えうるシステムでなければなりません。その劇団にとってもシステムダウンは信用失墜に繋がりかねない事態を引き起こします。

会員が離れてしまう事だってあるでしょう。サクサク予約できなければなりません。

今では自社にサーバなど置かずにハウジングといった手法で外部にサーバを置き、システムの堅牢性(けんろうせい エラーや例外などに強く簡単には暴走しないもの)を保つ方法もありますが、その当時はその様なサービスはなくサーバも通信回線も堅牢性のあるシステムもPBX(通信を制御する装置)も全部自前。その劇団のサーバルームに汎用機の横に置かれているという今では考えられない様なシステム構成でした。

今の様なインターネットの世にはなっておらずまだまだアナログでした。よく自前であそこまでの投資を行なったと思います。

その苦難を何とか乗り越え、電話予約初日を迎え、色々なハプニングもありながら、大きな問題を起こす事なく無事予約初日を終える事ができました。

システムのカットオーバーの瞬間です。

その場に居合わせたスタッフ、我々システム構築メンバがその瞬間を終え、誰からともなくスタンディングオベーションが巻き起こったのです。

私も思わず立ち上がり拍手していました。 そこにはまぎれもない客と我々がチケット予約チームとして一体となって喜び合っていたのです。

まるでミュージカルのラストシーンを迎えた時の様でした。さすがミュージカル好きのスタッフです。感動は素直に表現するのでしょう。

そこで客先キーマンが私の元に寄ってきて「ありがとう。syunkan1965のおかげで無事予約初日を終える事ができたよ。本当にありがとう」と言って、握手を求めてきたのです。

私は思わずその手をギュッと握り締めて何回も上下に揺らしました。そこには言葉には表せない感動が生まれていました。言葉ももちろん大切ですが、私はその握手に一番感激しました。

それまでの苦労など吹っ飛んでしまった瞬間でした。

これは何かを達成した時にやらないと効果はありません。時を間違うとただのセクハラと勘違いされてしまうから気を付けなければなりませんよ。

そんな訳で言葉を超える感動を相手に与える「握手力」を使って見る事を提唱したいと思います。

日本人はハグや握手などの体を交わすコミュニケーションに馴れていませんから馴れるのに時間が掛かるでしょう。

しかし、きっとサプライズが生まれるはずです。時を間違えなければね。

貴方の○○力の歩き方の参考になれば幸いです。


My Yahoo!に追加
感動力 感動力
平野 秀典 (2004/07/22)
ゴマブックス

この商品の詳細を見る



ブログランキングに参加しています




記事に満足した方はクリックお願いします。






アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET











テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。