アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

36歳になって思う「プログラマ35歳定年説」へのオマージュ

36歳になって思う「プログラマ35歳定年説」」この記事を読んで、自分はまだまだだと気がついた。

ここまで己を深く分析している人間がいるのかと。この人はまだまだ引き出しを持って いるに違いない。

この記事で出しているのは、ほんの一部に過ぎない。この記事からはインテリジェンス がほとばしっている。まるでマグマの様に。

参った。

こんな奴がゴロゴロしているのかと思うと、自分がSEだったと名乗るのがとても恥ずかしく なってきた。

凄いぜ。実際。

何者だ。この人は?とても知りたくなってきた。

俺も、プロジェクトマネジメントをやって来たが、ここまで深い考えを持っていただろうか? はなはだ疑問だ。

ましてや、氏は恐らく、IT現場の最前線で采配を振るっている最中に違いない。その間に こういった記事が書けるのか?

地獄の様なプロジェクトを体験してきた私としては、信じられない。このような余裕は私には 全くなかったといっても過言ではない。

プロジェクトという得体の知れない化け物と必死に格闘して、心身ともに疲れ果てながら、やっ ていた。

客からは価格が高いと言われるわ、仕様変更はしょっちゅうあるわ、プロパーはなるべく関わ らない様に一歩身を引いているし、協力会社はコントロールが効かない程、増長しているわ、 もう手に負えない状態になっていた。

まさに私が手がけていたプロジェクトは、いわゆる「失敗プロジェクト」だった。

なぜ失敗してしまったのか?

それは今分析すると、ろくすっぽスコープ定義もせず、過小な超概算見積もりを更に値引きを 行ってしまったことに端を発する。

客はその超概算見積もり(▲値引き)を元に予算化する。一度予算化されてしまったプロジェ クトは追加予算がつくことはありえない。決定した金額のままプロジェクトを終わらせる以外 選択肢はない。

そして、スコープ定義が始まる。超概算見積もりに「前提条件」として予防を張っていた事項 がことごとく覆い崩され、客の言うなり。なすがまま。サンドバッグ状態になってしまっていた。 (その頃、自分はプロジェクト開始前に、責任を負い切れないと、サブリーダに自ら志願して 降格させてもらっていたが、実際は見積もり責任がある俺が主導しないと進捗しないプロジェ クト(以下PJ)になっていた)

PJリーダは自分が見積もりをした案件ではないので、なすがまま。客の言うなり。唯一見積 もり責任のある、私だけが必死にあがいていた。

でも、だれも私の危機感を感じ取ってくれなかった。私一人で頑張っている状態。笛吹けど踊 らず。

そんな形で疲弊してしまった。

そんな形で失敗PJが生まれた。

そして俺は、PJから外された。

チームの和を乱す異端分子と捉えられてしまったからだ。

実際、やっきになって、PJを立て直そうとしはいたが、PJは俺の手の届かないところに行って しまっていた。俺は怒りっぽくなり、周囲に怒りをぶちまけていた。上長から見れば、それはた だの愚痴を言っているに過ぎない不満分子としか写らなかった。

自分でも青かったと思う。プロジェクトマネジマント道というものがあると信じて疑わなかった。

しかし、巷に氾濫しているPJマネジメント本の通りにやってもことはうまく進まないことが多々 あった。デートのノウハウ本と同じだ。マニュアル通りに行動しても大抵うまくいかない。

どうすれば、PJは成功したのだろうと考えてみよう。

まず、PJリーダは前向きであることが重要だ。課題を常にリストアップして、優先順位を付 け、割り振る。

この「割り振る」というのがたちが悪い。我々バブル世代というのは、ロクに開発に開発した 経験もなく管理をやらされる。この「管理」というものがクセモノだ。実態があってないような ものだ。実際モノ作りをしていないと管理などできやしない。最後は自分ひとりでもコーディン グしてやる!くらいの覚悟と度胸がないと肝が据わらない。

だから自分で開発する(設計する。コーディングする。テストする、デバッグする。バグとりをす る。最後まで面倒をみる)ことが重要になってくる。だから開発の基本となる上記スキルは必 須なことは間違いないと思う。

チームの和も重要だ。これは誰もが疑わないところだろう。PJはチームで仕事をする場合が ほとんどだ。人間ひとりでできることなど、限りがある。人が動かないとPJが回らない。

人を動かすためにはどうすべきか?人は動かそうと思っているうちは、動いてはくれない。自 ら動く気にさせることこそ肝要だ。

どうすれば自ら動く気になるか?それはPJマネージャが自ら汚れ仕事を黙々とこなし、決して 愚痴らず、相手が望むことを気を利かせて道筋を作ってあげ、手柄は譲る、自分は黒子役に 徹する、そんな人格者であることが必要なのだろうか?

世のPJマネージャーはそこまで突き詰めて考えているのだろうか?

多分感覚的にそういった水商売的な動きをとれる人がマネジャーの資質がある人だろう。 「目立ちたい」と思っている人はマネージャには向かない気がする。(だから俺はダメなの か!)

マネージャーはあくまでも縁の下の力持ちでなくてはならない。「代打オレ」は最終兵器として 温存しておかなければならない。そういうものだろうと思う。

よくリーダーは明確なビジョンを描いて、自らコミットメントした目標に向かって、全てを投げう ち、邁進するそんなリーダー像が「あるべきリーダー」の理想論として語られることが多い。 しかし、今日本人は働きすぎで疲弊してしまっているのではないだろうか?

もう少しワークライフバランスを考えてもよいのではないだろうか?仕事を囲い込まず、シェア できる人材が、今求められているのではないか?

先日、何かの本で読んだ例をあげたいと思う。

Aくんは、上司からのおぼえもよく、責任のある仕事を任されていた。仕事が佳境にさし掛かっ た、まさにその時、Aくんの実家で不幸があったのだ。上司は困ってしまった。今、Aくんに休 まれては非常に困る。なぜならばAくんにとって代われる人材がいないからだ。かといって、 事情が事情だけに「行くな」とも言えない。

困り果てた上司にAくんは、「大丈夫です。もしもの時に備えて、いつでも代わりの人間に引き 継げるよう資料を作成してありますので、Bさん(その上司)が少し時間を空けて頂けるのであ れば、いつでも説明し、多少の間はしのげると思います」とAくんが言うではないか。

半信半疑でAくんの説明を聞いてみると、本当にリアルに仕事の状況を切り取ったかの如く、 手に取るように「今、何をすべきで、何をすべきでないか。仕事の概略と現状」が書かれた資 料だった。普段からその仕事ぶりに一目置いていたが、まさかそこまで段取りが常にできて いるとは思っていなかった。

驚いた上司は、そのことをAくんに尋ねるとAくんは日ごろから、4割の力で仕事をこなし、残り の2割は、いざという時のために、仕事を整理する仕事に自分の時間を充てていたとのこと。 当然、残りの4割は自分の生活に充てる、という仕事のスタイルで仕事を進めていたとのこ と。

そういう気が利かせられる人材は少ない。みな自分を重要だと思って欲しいから、仕事を囲い こむ。するとどうなるか?仕事のデキる奴に仕事が集中する。いつの日か、そいつが疲弊し て、壊れ、仕事が回らなくなる日がやってくるかも知れない可能性を内包しながら、崖っぷちと の微妙なバランスを取って仕事が回っているんじゃぁないだろうか?

これを、愚痴と取る人がいるかも知れない。そんなことはいいからさっさと目の前のことを片付 けなさい、という人もいるかも知れない。そうだろう。仕事は机上論ではない。現場で常にダイ ナミックに変化しながらうごめくいきものだ。

いくら考えても、「これが結論」という結論には辿りつかない。ただ、管理職が早く帰らないと若手が早く帰れないことだけは確かだ。

でも、それでPJがうまくいくという要因にはなりえないのも分かる。そんな甘いものじゃない。

あと、とある後輩から言われた一言も印象に残っている。「今あるリソースでなんとかすることを考えないと。ないものねだりしてもきりがありませんよ」と。

確かに。腕の良い料理人は、簡素な具材だけで、腕一本で、素晴らしい料理を創る。限りあるリソースでなんとかする腕がSEには必要だ。時には客と交渉し、戦い、妥協させる技術も必 要だ。俺にはその技術が欠けていた。客も弊社も協力会社も、みなWinWinの関係を築くた めに、必要なことは何か?その視点が欠けていたように思う。限られたリソースの中で最大の パフォーマンスを得る、だれもが納得できるように。。。

話が無限ループになってきた。ここら辺が潮時かもしれない。未来の自分に期待しよう。 きっと今よりは進化しているだろう。この日記を読み返している未来の俺。調子はどうだい?

今日の私なりの結論。

今自分にできることは全てやる。ただし、自分が疲弊しない程度に。プログラムスキルは重 要。最後の一人になっても「俺が開発するよ」くらいの技術を身に付けていたい。和は重んじ る。でしゃばり過ぎない。任せるところは大胆に任せる。自分の仕事は常に「見える化」を心 がける。リソースは有限。その範囲で結果を出すことが重要。愚痴禁止。

こういったところだろうか?まぁ、自分への備忘録の意味をこめて、ブログには書き留めておこ う。

以上、今日の自分への説教終わりっ!

ブログランキングに参加しています

もう一度言います。ブログランキングに参加しています

記事に満足した方はクリックお願いします。

マルイウェブチャネル【携帯向けサイト】 キリン ヤクルト ネクストステージ ウェルスタイルショップ 『リエータ』

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


banner2.gif
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

空気を読む男になるための練習帳

「KY(空気読めない)」です。

子供の頃から無鉄砲でいつも損ばかりしています。

空気を読める達人(エアーマスター)になろうと日々奮闘中です。しかし、その道のりは遠そうです。SPA!に空気読める男検定(ビジネス編)が掲載されてました。

問題

重要なクライアントと名刺交換した後、相手から自分の名前(村石)を「村西さん」と呼び間違えられた。同席していた相手方の部下は一瞬気づいたものの、この場ではでは口を挟むきはないようだ。そんなとき、一番空気を読めている行動と、一番読めていないものを1つずつ選べ。

A.あ、自分、村石ですので。(即答で)

B.予備間違いをあえて指摘せず、そのまま打ち合わせを終える。

C.あの、村石です。でも村西とおる監督も好きなので何なら村西でも(笑)。

D.帰社後の挨拶メールに「お伝えそびれましたが実は村石です」と書き添える。

さて、皆さん、どれだと思いますか?発表は来週号で。。。。って遅いよ( ̄∇ ̄)ノ" ナンデヤネン。

SPA!ライターが思う正解は「読めている→C。読めていない→D」。メールって危険だそうですよ。会話以上にコミュニケーション能力が問われるみたいです。筆者曰く、ある意味で危険度はDが一番高いかもしれないと。確かに。

非言語コミュニケーションってご存知ですか?言葉以外のコミュニケーション手段の事です。

例えば表情、仕草、リアクション、視線、身振り、手振り、声色、鼻息、腕組み、首の角度、姿勢、等々。。人間のコミュニケーションは9割方、言葉以外の手段で成立しているという論です。

ある意味当たっている様な気がします。例えば相手が時計に視線をやったりすると「あ、この人時間を気にしてるんだな」と解釈できたりします。

太古の昔、人間がまだ言語というコミュニケーション手段を獲得していない時代には、この非言語コミュニケーションだけで相手とのコミュニケーションを成立させていた訳ですからその威力たるや、押して測るべしというものです。

特に表情の伝わらない「メール」という文字だけのコミュニケーションは相手にいらぬ誤解を与えてしまう場合があります。いらぬ勘ぐりをされない為にも、重要な用件こそ、直接会いに行く、それができない場合は電話をする、という形でコミュニケーションを取りたいものです。

メールだけだと無機質ですもんね。その内、技術が発達して、メールの裏で音楽が流れるなんていうことが実現すれば、無機質なメールもちょっとは味わいのあるメールに生まれ変わるかも知れません。

だって、このブログの読者さんは、YouTube貼り付けてあるブログの動画を再生した時には、私の文章と音楽が融合して観れるから私の気持ちにちょっとは近づくでしょう?携帯メールは女子高生の間ではデコメールが当たり前の世界。女子高生も文字だけの無機質なメールには僻々しているんでしょう。だからデコメールに飛びついたんでしょうね。

電報でもメロディ付電報、グリーティングカードでもメロディ付、こうなると音楽の重要性が益々増してきます。音楽を理解しない=コミュニケーションを理解していない、という図式が成立するような気がしてなりません。

皆さん、もっと音楽を聴きましょう。ipodで。音楽も画像が入ることで世界観が広がります。PV付きならなおのこと。←お前はアッポーの宣伝マンかっ!

話が大分脱線しましたが、KY矯正の為に、実践していることがありますので紹介しますね。発言する前に必ず「これを言ったら相手はどう思うかな?」と思いを巡らしてみるのです。言葉の前に一旦、間ができますね。「間」はとても重要です。

特に「相手の話7割聞き、自分の話は3割に留める」を実践している私にとっては「間」は重要なツールのひとつです。この「間」を駆使することにより相手から重要な一言を引き出せるからです。昔の人は良く言いましたね。「沈黙は金なりなり」と。

大体おしゃべり人って、一言多い場合が往々にしてありますね。ん?私?もちろん後者です。報告は簡潔にA4のページ一枚に収めることなんて、難しゅうござります。報告にライヴ感がなくなってしまうじゃぁないですか。

まあ読み手にいかに優しくと考えるのも確かに必要ですけどね。と言って私なんか極端だから報告を短歌に凝縮してみたりする訳です。詠み手の解釈によってどうにでもなってしまいますよね。

もっと短く川柳でも良いですよ。(俳句だと季語を入れないといけないので冗長になってしまいます。変な縛りをつけたものよのう。芭蕉よ。。)

どうですか?こんな短文な報告で良いんですか?お客様のクレームの温度が伝わりますか?確かに上長は報告が沢山きてしまってチョイスするのは大変だと思います。

今の時代、速読は必須のスキルでしょう。皆さんも、Web2.0(ウェブ トゥポイントオー)の世界へ否応なしに突入する羽目になり、さぞかしご苦労されていることでしょう。

しかーし、経営トップは一日に3~400通のメールに目を通し、その半分に返信しているという方もいらっしゃいます。その間に電話応対をし、ウェブで情報収集をし、社長ブログを書き(?)、来客と応対するということをやってのけている訳です。すごいですね。今のITスキルを持つ管理職は。

見習いたいけど無理なのさ~♪。脳の海馬が付いていかないから~♪

そんな訳で、今日は「空気を読む男になるための練習帳」ということでお送りしました。またのご来店を心よりお待ちしております。ありがとうございました。

今日の一冊。歴史好きの私にはどーしても気になります。ローマ人の物語の塩野七生さんとカルロスゴーン氏の対談を読んで、ローマ人の物語を読もうと思ったのですが、あまりにも長い巻数なのでへこたれてしまうなぁと予想し、前から気になっていたこの本を購入しようと思います。

日本で古事記が編纂(へんさん)された時、中国はどうなっていたのか?ローマは?。平家が栄華を極めていた時ローマはどうなっていたのか?。織田信長が天下布武を果たした時、世界情勢はどういう風な勢力になっていたのか?どういう出来事が起こっていたのか?。鉄砲伝来時は?江戸時代に日本文化が華開いた時、その時世界の歴史はどう動いていたのか? など気になることばかりです。皆さんも暇があったら一読下さい。歴史には先人から学べることが沢山あるので大好きです。

図解世界のなかの日本史―日本史を読みとくカギは世界史にあった!! (SEIBIDO MOOK)図解世界のなかの日本史―日本史を読みとくカギは世界史にあった!! (SEIBIDO MOOK)
(2007/09)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る
amazonのバナーを貼り付けようと思ったのですが、私が敏感すぎたためか、NoImageでした。

図解世界のなかの日本史

こっちにはイメージがありました。ビーケーワンは仕事が早いですね。

ブログランキングに参加しています。

もう一度言います。ブログランキングに参加しています

記事に満足した方はクリックお願いします。

マルイウェブチャネル【携帯向けサイト】 キリン ヤクルト ネクストステージ ウェルスタイルショップ 『リエータ』

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


banner2.gif
ブログアフィリエイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。