アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ガンダムビジネス百花繚乱



最近の若者は何をやって遊んでいるんだろうと、ずっと不思議でした。スキー場は空いているし、テニスが盛んな感じでもない。自分磨きに勤しんでいるのかなぁと思ったけど、どうやらそういった若者はごく一部の様。

謎だな~。何でだろ~何でだろう~何でだ何でだろ~♪と思ってました。

その謎の一端が、昨日ようやく解けました。

私が理解した範囲でお教えしますね。、

最近のゲーセンは進化しているようですね。なんでもガンダムのゲームが凄いことになってい るようです。まるでガンダムのコックピット(操縦席)がリアルに再現されており、視野率200度をワイド3Dスクリーンが前面を覆っており、操縦桿(そうじゅうかん)やアクセルなどが装備されており、実際にモビルスーツの操縦体験ができるそうです。

まず、ゲーマーはガンダムカードというのを購入します。仮想ガンダム社会の与信機能とマイ レージ機能が付いたクレジットカードを購入します。それでモビルスーツの操縦者になることが可能になります。

そしてゲームを始める際に、ジオン軍か連邦政府を選ぶか決めるのです。連邦軍はモビル スーツの数は少ないのですが(ガンキャノンから開始だそうです)、少し強めに設定されているようです。

ジオンは当然ザクから開始です。ゲームは実はコンピューターと対戦するんではないのです。 いわゆるオンラインゲームっていうやつで、全国のゲーセンと24時間インターネットで繋がっており、全国のゲーマー達と対戦できるのです。

それも、ただむやみに戦うのではないのです。例えば今回は「砂漠の嵐作戦」とか戦いの 場面があらかじめ設定されているのです。

ガンダムには独自の世界観があるでしょ。その世界観に則って戦いを進行していきます。 同じ店の店内であればイヤートランシーバーで音声チャットをしながら「俺こっちのガンタンク対応するから、お前そっちのガンキャノン頼む」なんていう会話をしながら、戦いを行<うわけです。

ガンダムは奥が深いですからね。一兵卒にも一兵卒なりの人生物語が設定されているわけです。ガンダムの歴史をより深く知っている者にとってはこの上なく堪らんのですよ。

ゲームを重ねて経験値を上げていくと、ザクからドムやグフに乗り換えられるんですね。中古のザクを全国の仮想モビルスーツ中古市場で下取りしてもらい、その際の売却資金(仮ガンダムマネー)で新たなモビルスーツを購入するわけです。まるで車のようにモビルスーツを売買できるのです。

リアルでしょ。

モビルスーツは経験値を上げると価値があがるようで、市場では高値で取引されているモビルスーツもあるそうです。モビルスーツのオークションもあるそうです。

経験値と仮想ガンダムマネーは最初に作る会員カード兼マイレージカードに記録されていくので、自分のデータをカードで持ち歩くことができるそうです。

戦の最中は、自分の腕に自信があれば、最前線で戦うもよし、後方支援に回るもよし、自分にあったスタイルで戦いに臨むことができます。1回の戦に数十分かかるそうです。自分のザクが敵に撃破されなければ、それはそれでよし。例え撃破されたとしても、オンライン上で戦いは続きます。戦局を見守って、最後までザクの中に待機していて、友軍が勝ったら、勝利ポイントが付与されます。

そうやって、自分の経験値をどんどんレベルアップしていって、より良いモビルスーツに乗り換えていくというわけです。面白そうでしょ。

中にはガンダムオンラインゲームの主のような人がいて、その人に「今の戦局はどうなっているか?」とメッセージを送ると、すぐさま今までの展開と今後の戦局見通しについて、すぐレスが帰ってくるそうです。

いったいその人は何者なのか?ニートなのか、ひきこもりなのか、子供なのか、大人なのか?とにかくまるで軍師のようにバーチャルな戦況を把握していて、的確な指示をくれるそうです。

そういう謎の人の存在が、ゲームを盛り上げているんでしょうね。良く練りこまれたゲームです。ハマるのも分かるような気がしました。

あと吹いたのは、「ガンダム麻雀DS」。アムロやシャアが雀士になって、

「ツモッタね。親父にもアガられたことがないのに!!」

とか独り言を言いながら麻雀が展開されていくというものです。

「見えるぞ。私にもツモが見える」とシャアがつぶやいたり、

「ふっ。所詮人間なんてこんなものなのだよ」とか台詞をいうキャラがいたりしながら、麻雀をやるわけです。

これには正直ウケました。やってみたいと思いました。

機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z さらにできるようになったな!機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z さらにできるようになったな!
(2007/09/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る

いまどきの若者はこういったオンラインゲームで遊んでいるというわけだった分析できます。 そりゃこれだけ面白いゲームインフラが提供されていれば、夢中になるのも分かりますね。同じ軍隊、同じ部隊でプレイした人と「戦友」になって、メールやリアルで「あのときの戦いではガンキャノンが迫ってきて、すんでの所で、お前のドムに助けてもらったんだよな。あのときのことは一生忘れないよ」なんていう会話が繰り広げられているのかも知れません。どんだけ~

あとは、最近どうしても気になっていた「シャア専用携帯」。
シャア1
シャア2

(C)創通・サンライズ

これ1ケ月くらい前からずぅっと気になっていたのですが、やっぱりみんな気になっていたみた いですね。うちの弟なんか実際買おうとしていたみたいですからね。

弟の友達に超ガンヲタがいるらしいんですが、そいつが「絶対買う」と息巻いてソフトバンクに 乗り込んだわけです。しかし値段を聞いてビックリ。なんと15万円もするそうです。その友人もそこまでは出せないと思い、萎えて帰ってきたそうです。
もちろんその話を聞いてうちの弟も諦めたそうです。ザクの目の部分が携帯になっているんですね。

高いですね~。

多分、独身の大人の男をターゲットにした商品ですね。ガンヲタなら絶対に欲しいと思ったハズ。

でしょ。欲しかったでしょ。

でも萎えたでしょう。そうです。それが常人の考え方です。まだ、あちら側の世界には踏み込 んでいないから安心して下さい。シャア専用携帯の充電器はごつくってかさばりますからね。 パソコンを置くくらいのスペースが必要になります。

そんなの誰が買うかいと思いますが、買う人はいるらしいですね。

恐るべし、ガンヲタ購買力パワー。スカパーも「ガンダム祭り」をやったら、加入者一気に跳ね 上がったらしいですからね。

もしガンヲタ人口がもっともっと増えたら、日本の景気は上向きになるのではないかと思う今日この頃。それほどガンヲタの大人買いパワーは侮れないということの証明だと思います。
ガンダム00も視聴率いいらしいですから。頑張れ!!ガンダム!!

最後にガンダム一筋ン十年の人が書いた本を紹介して今日の所は終わりたいと思います。
デジハリ?の橋本さんという方が書いた書評を紹介しますね。

ガンダムのプラモデルはいかにして生まれたのか。

30代から40代でガンプラファンならば、懐かしいエピソードとカラー写真も満載でページをめく るのが本当に楽しい本である。バンダイ模型の元社員で、ガンプラブームの仕掛け人と設計 者の二人が、ガンプラ絶頂の栄光の日々を振り返る。

以前にも書いたが、私も小学校時代にかなりのガンプラ・ファンだった。

・ガンダム・モデル進化論 http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/003091.html この本はデータブックとしてもよかった。

・機動戦士ガンダム THE ORIGIN、MGアッガイ、ターゲット イン サイト http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/004854.html そして今年の正月にはアッガイをつくった。

テレビ放送の「機動戦士ガンダム」は当初は不人気だったことはよく知られている。しかし、実 際の番組を見てヒットの可能性を予感した二人は、当時は競合他社がおさえていた版権の獲 得に乗り出し成功する。半信半疑の設計開発。そして視聴率低迷で番組打ち切りになった半 年後にガンプラの第1弾が発売された。当時キャラクターものとして異例の144分の1、100分 の1という統一スケールを採用した。

「万人向け」にとらわれず、投書や電話をしてくるマニアの意見を丁寧に聞いて、短期間で製 品にフィードバックする。たとえば足首が動かなかったザクを出荷分のモデルでは動くようにす る。当初はなかったビームサーベルのおまけをつけるなど、マイナーチェンジにもこだわった。

ファンの熱い支持により、それまでの業界の常識では考えられないほどの大ヒットとなり、現 在までにシリーズは900点に及ぶモデルを発売してきた。世界的に見てもプラモデルのここま でのヒットは例がないようである。

「好きな仕事をしているからヒット商品が生まれるのではない。その仕事を好きになるほど熱 中しているからこそヒット商品は生まれるのである。」その後のビジネスで経営者として成功を 収めた著者の二人は、当時を振り返って、そう成功哲学を総括している

俺たちのガンダム・ビジネス俺たちのガンダム・ビジネス
(2007/10)
松本 悟、仲吉 昭治 他

商品詳細を見る
これもどんだけ~

ブログランキングに参加しています

もう一度言います。ブログランキングに参加しています

記事に満足した方はクリックお願いします。

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syunkan1965.blog77.fc2.com/tb.php/196-fdd7ac73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。