アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW.のチケット届きました

来ました!桑田さんのコンサートのチケット

呼び捨てでも構いません!!『よっ、桑田佳祐』SHOW のチケットが。

この時をどれほどまでに待ったでしょう。思い返せば今年の9月頃、桑田さんのコンサートが あると聞き及び、なんとか13年以上消息不明になっている、昔の友達(この友達が根っから のサザンファンでファンクラブ暦20年以上)と連絡を取ろうと思い探偵になったことを昨日の ように思い返します。

本当に探偵のようなことをやったかって?違いますよ。昔の友人の本名をググっただけです。 ヒットしたんですね~。これが。彼は転職先で大活躍しており、会社のホームページに載る ほどの活躍をしていたんです。そのツテで彼の連絡先を知り、なんとも13年ぶり位に連絡 が取れたという訳です。

彼は、やっぱりいまだにサザンのファンであり、会社を転職してからもずっと毎週海に通って いたそうです。なんと子供まで授かっており、その子供も毎週強制的に海に連れて行かれて いたそうです。

毎週海?凄い子供もいたもんです。物心付いた時から海が身近なものだったとは。どういう 感受性の子供に育つやら将来が楽しみです。海に関する小説でも書いてくれないかなぁ。

とにかくです。その友人がサザンのファンクラブに入っており、今回のチケットゲットと相成った 訳です。

二重の意味で感慨深いものがありました。再会の喜びと桑田さんに会える喜び。ダブル役満 をあがった時のような感じです。

チケットを見ると「ステージサイド席」とあるではないですか。アリーナではなくスタンドみたい ですが、前回のサザンのコンサートは2階立ち見でしたから、それから比べると雲泥の差で す。

今回のチケットは桑田さんの写真がプリントされており、ゴージャスです。 PICT0725_edited-1.jpg

これがチケット。桑田の「桑」がアーティスティックにデザインされておりクールです。これで 今年の大ヒット曲たちを聴けるんですね。「風の詩を聴かせて」を生で聴いたら泣いちゃうか も知れません。

なんで桑田さんは50歳を超えてもあれだけの大ヒットを出し続けられるんだろうと疑問に思い ググったんですが、その理由は解明できませんでした。今回の「ダーリン」は歌謡曲テイスト に満ち溢れたバラードですね。「明日晴れるかな」「風の詩を聴かせて」「WONDA GIRL~恋 するワンダ~」そして今回の「ダーリン」といずれも毛色の異なる曲を創り続けられるその源泉 はなんなのか?と思い、2000年9月の「Free&Easy 桑田佳祐とつくる一冊」という雑誌 を引っ張り出してきて読みふけってみました。そうすると気になる下りが

記者:クリエイティブを仕事にしている人って、この年で現役退く人が多いじゃないですか。 たとえば35、40くらいでも。桑田さんは相当に現役感がありますね。身も心も。

桑田:ありますね。これはなんでだろうな~。音楽しか知らないっていうのがあるんですよね。いろいろな人に使われたとか使ったという経験もないしね。20年前は年上の人も大勢 いたけど、今は年上の人なんて周りにはほとんどいないじゃないですか。で、若い人間 がある種こっちを見ていてくれているじゃないですか。もうすぐ22年になるんですけど、 デビューしてから10年位は中途半端だったな」、なんて思ってね。でもここまで来ちゃう ともう「エライでしょ」みたいな。明らかに目の前にいる若者よりも俺の方が経験値高い んだから、最高なんだから、ある種序列ができますよね。その序列っていうのをやっと 知り始めたのが、ホントこの3、4年だと思うんです。序列がない世界でずっときたしょ。 明らかに44歳っていうと、まわりにいる人間が32とか33とか25とかもう、ある種歴然 とした序列ができるんですよね。そういったらずるいかも知れないけど、どの秩序加減 を。身をもって経験してますよね。最近は。

記者:桑田さんからは、小室さんとかつんくさんとか、プロデューサーの臭いがしてこないん ですけど・・・。結構、野村(克也)さんみたいな、生涯一捕手、生涯現役という印象が 強い。

桑田:うん、プロデューサーって言葉もあんまり好きじゃないしね。多分日本の中でプロデュ ーサーっていう言葉を知らしめた部分で、小室くんとかつんくちゃんとかは、すごく存在感 あるとは思いますけど・・・。日本人が日本で音楽やっていること自体が、プロデューサー とかアーティストっていう言葉だとちょっとお前ら恥ずかしくないかなって僕は思うんです よ。カッコつけて言っちゃうと、恥の美学みたいなもの。アーティストとかエディターとか、 プロデューサー(CO-PRODUCER)まで最近出てきやがってみたな。ゆずだってフミ ヤだってサザンだってアーティストみたいな、なんかそういう括りはね。 僕、アーティストって言われるのがものすごい嫌なんですよ。抵抗はしませんけど・・・。 あと、曲のことを「楽曲」って言われたり「作品」って言われるのも嫌っていうか、ピンと こないんですよ。「歌は歌ジャン」って思うんですよ。それは、まぁ、僕なりのある種の 恥の美学ですかね。楽曲じゃなくって、これは歌だし、俺は歌手だし、アーティストじゃ な。アンディー・ウォ^ホールがアーティストだと。それはよくわかります。坂本龍一が アーティストだと、これもわかる。だけど、それを便利に使っちゃうと、なんだかどいつ もこいつも夢がないなぁなんて思うんですよねぇ。若いオンナの子にもいるもんな、最近 「アタシ、花屋のプロデュースやってんの」なんて。オイオイオイみたいのが。それと同 じことがいわゆる、「邦楽のアーティストたち」なんて言い方でね、ゾッとするんですよ。 なんの話か忘れましたけど、そのプロデューサっていう言葉を聞くと、ある種の悪寒を感 じますよね。オンナの子と飲んでいるときに、なんとか空間プロデューサーとか言う肩書 きの名刺を出す人いるじゃないですか。最近ではメールアドレスなんか入ってたりして、 そういう人に限って金に細かいとかね。とにかくキレがないの。しなやかじゃないの。 なんだか・・。

記者:彼らって営業に長けてたりしますよね

桑田:うーん。そういう人もいるでしょうね。だけど、自称プロデューサなんていうよりは「俺 は○○魔(自主規制)だ」と言っている方が説得力あると思うんですよ。「僕、フリーター」なんてね ・・・。フリーターでもストーカーでもなんでもいいんだけど「○○魔で逮捕歴2回」っ て言われる方が俺は納得できますね。これも言葉遊びかもしれないけど、そこに人の 誠意を感じるんですよね。

記者:ハハハ、面白い。

桑田:フフフ。どこか自分のなかにね、横文字に対する根本的怨念みたいなものはあるんで しょうねぇ。冷ややかな思いはありますよ。いわゆるそのへんの、辣腕プロデューサーの プロデュースしたものを聴いて喜ぶのは要するにショーヒャクだと思うんですよ。俺は、そ こに醸し出されるプロデューサーという威厳とかアーティストと言う名の新興勢力に対し てあんまり夢を感じたことはないから・・・。「歌手」でいいじゃないのって思いますけど。

なるほど。肩肘張らずにやっているから長く続けられるんですね。それと勉強しているんでしょ うね。桑田さんの歌詞を聴いていると、時代のトレンドを読んでいるなぁと思うことがしばしば あります。 今、時代はグーグルに始まるWeb2.0の波が世間を席巻しています。まさに明治維新に次ぐ 時代の転換期にあると、私は思っています。だからブログを始めたし、Web検定も受験しまし た。

しかし、桑田さんの「ダーリン」を聴くと、「おい。そんなに肩肘張るなよ。お前はお前だろ。 そのままでいいじゃん。あまり高望みするなよ。若いもんに次の時代は任せればいいじゃん」 と言っているように聴こえてきます。

しかし、まだやり残したことがあるような気がしてならないんですよね。こう言うと大げさかも 知れないのですが、何か世の中のためになることを何も成し遂げていないような気がするんです。

龍馬なら、今の私を見てどう声を掛けるでしょう?「おまん、まだまだいけるぜよ」と言って欲し いそんな期待があります。まだ男としても枯れてはいないし、仕事人としても枯れてはいない という自負はあります。

から回りする傾向はありますけどね。「ああ~日本のどこかに私を待ってる人がいる♪」と 山口百恵は歌いました。そうです。いい日旅立ちです。どこかに私のスキルを必要としている 人がいるに違いありません。その時の為に、Web知識はもちろんのこと、英語も勉強したいと 思っています。英語はこれからのグローバル時代には必須のスキルですからね。勉強して話 せて読めるようになれば世界はきっと広がるに違いありません。

では、お約束。せーの、がんばんべ~(~o~)

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syunkan1965.blog77.fc2.com/tb.php/218-28d8291c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。