アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

竜馬がゆくの歩き方 その一

竜馬がゆくを読んでいます。


最近ビジネス本に偏っていた感がありましたので、あえて本棚から引っ張り出して読み始めました。


やっぱり面白いですね。既に古典というジャンルになるのでしょうか?古くから親しまれている本はやっぱりランキングトップの本とは一味違う面白さがあります。


今、竜馬がいく その一 を読んでいますが、血湧き肉踊ります。


一巻目で黒船が出てくるんですね。もっと後かと思っていましたが、いきなりハイライトがきている訳です。


私が八巻まで飽きずに読んだっていう事は、ハイライトが随所にちりばめられているという事に他なりません。さすがは司馬遼太郎です。


ビジネス書とは違い、ブームで読まれているのではなく、万人が長年に渡って愛し続けている そんな本からはやっぱり学ぶ事が多いです。


例えば、松下村塾を開いた吉田松陰のくだりなどイイですねー。


「男子たるもの、自分の人生を一遍の詩にする事が大事だ」


と門下生に教えたそうです。桂小五郎はそれに感化されて尊皇攘夷の運動に身を投げ出したとか。私の人生は漫画の如くなので作文にさえなりませんが。。(笑)


ちなみに日本には言霊信仰がありますが、この一言によって明治の元勲である木戸孝允の人生を決めてしまったのですから言葉のパワーは凄いと言わざるをえません。


言霊信仰があるから、それだけ言葉に対する想いが強すぎるのかも知れませんが、日本人はあえて言葉にするのを億劫がるきらいがありませんか?


ワイフやダンナに「ありがとう」の言葉を伝えてますか?言葉にしないと伝わらない想いがあります。たまには「ありがとう。嬉しいよ(わ)。」と言葉に出して言ってみませんか?相手の反応にビックリするはずです。


変化がなくても言い続ければきっといつか変化があらわれるはず。


そんな優しい気持ちを想い出した竜馬がゆくの一巻でした。きっと次巻以降もたぎる気持ちを思い出させてくれるでしょう。楽しみです。


竜馬がゆく その一の歩き方の参考になれば幸いです。


竜馬がゆく〈1〉 竜馬がゆく〈1〉
司馬 遼太郎 (1998/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
ブログランキングに参加しています

記事に満足した方はクリックお願いします。

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

ご無沙汰しています。
年賀状からここへアクセスさせてもらいました。
何かちゃんと本など読んで仕事に生かしているようですね。こちらも何とか仕事しています。
私もプログ立ち上げてみましたが性格的に(?)あまり真剣に書き込み・メンテしていませんが。。。
また、近い内に会いましょう。From Kazunori

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syunkan1965.blog77.fc2.com/tb.php/49-830937d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。