アーバンワイフジェントルマンblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

焼肉屋の歩き方





今日は焼肉屋の歩き方がテーマです。



ミーとワイフは日本一うまくて安いと名高いスタミナ苑に肉を食いに行ってきました。


4:30の開店の所、行列必至だというので3:30に到着。しかし、既にもう30人程度の行列ができています。


 


これは噂に違わぬ繁盛店。山口智子や寺門ジモンや玉袋筋太郎といった有名人が並んで食いに来るといいます。早速ミーも行列の最後尾に。その後も行列は長くなって行きます。第一陣で入店できるのか不安になります。何でもキャパは40人。しかし14卓。2人の客がいれば2席空席となる。ギリギリの所です。



実はミーは4~5年前にスタミナ苑の噂を聞き、狂牛病騒ぎの最中さすがにすいているだろうと考え行った事がありました。その時は開店時間に合わせて行ったのですが、既にその時点で2時間待ち。ディズニーランドかっ!とツッコミを入れながら「皆考えることはおなじなんだなぁ」と変な悟りを開いたものでした。




それでも冬空の中1時間は待ったのですが、ミーのワイフが「ダーリン、さ・寒い」と言うものですから、仕方なく諦めたという過去がありました。今回行ったのは偶然にもミーのワイフのブラザーが店主にも顔を覚えられている程の常連だったという事を知ったからです。兄の指令により1時間早く並んだのは正解でした。第一陣。それも店の中央部分。一番皆から目立つ所ではありませんか。



兄が常連らしくお勧めの品を注文。店員がすばやく客全員の注文を取ります。



するとさりげなく店主から裏メニューの煮込みが差し入れられる。う~ん。ビップの気分です。



煮込みを口の中に入れて見ます。牛スジが絶妙な歯ごたえを醸し出しています。一口噛む毎に牛スジから溢れ出る肉汁が口の中を満たしていきます。う、うまい。今までに食べた事がない歯ごたえ味わい。これは期待できると直感しました。明らかに牛角とは異次元の味わいです。



数分後、ます最初の一品ミックスホルモンが出てきました。焼肉奉行の兄に焼き加減はおまかせし、私は食いに専念することができました。



兄持参のマイ塩をちょこっとつけながら食してみます。これもまた言葉では表せない程絶妙な歯ごたえ。色々な種類のホルモンが口の中で心地よいハーモニーを奏でているではあ~りませんか。「これは味のIT革命や~」と思わず叫びそうになるのを堪えるのに必死でした。



次々と肉が運ばれてきます。



次はホルモン。これまた至極の歯ごたえ。味のチューイングガムじゃ~。ん。ちょっと例えが違いますかねぇ。




お次はレバー。レバ刺しとしてこのまま食っても良い位ですが兄様は手馴れたもの。ジュッジュッと素早く両面を一炙りして取り皿に乗せてくれます。これまたウマい。味のエレクトリカルパレードです。


 


これをゴマにんにくたれで頂きます。う~ん。深い。コクがあるという言葉はこのレバーの為に生まれたのではないかというくらい深くてコクがあります。



これをペロリと4人で平らげお次はサラダが登場。まるで肉のコース料理です。



このサラダもうまい。中々良い箸休めです。憎い演出。



さて、お次は牛タン塩。




これも新鮮。初めての味わい。普通タン塩といったら薄くスライスしたものしか食べた事はないですが、これは全く異なります。今までに食べたことのない食感。これまた絶妙。




次は上カルビ。1枚がでかい。牛角の中落ちカルビとは大違いです。肉の大風呂敷やあ~!


 


4枚乗せるとコンロが一杯になる程の大きさ。異次元空間に瞬間移動や~。推測するに店主が自ら市場にて厳選して牛を丸ごと一頭買って来て、肉を食べごろになるまで熟成し、新鮮な所をテキパキと裁いて提供しているのでしょう。どれも肉は新鮮で生でも食える代物の様。



次は今日のメイン。「特選上ロース(時価)」


 


このボリューム。す・・凄い。これは肉の九連宝燈ですっ!!


一刺し千円位という事らしい。完全な大人食いです。



焼いてみる。食ってみる。石塚英彦がいたらなんと表現するでしょう。これはまさにマママママイウ~。味のマイウ~です。そうとしか表現できません。口の中に運ぶ。前歯で噛み切る。柔らかい。奥歯で噛む。まさに肉汁が溢れ出てくる。もうこれは別次元に加速装置で瞬間移動したかの様。生きてて良かった。ありがとうお母さん、お父さん。私を生んでくれてありがとう。そんな気持ちになった瞬間でした。



次に運ばれて来たのがテグタンスープ。兄様曰く、「この一品だけでも店が建つ」というものです。。



これまた美味。濃厚な味わいの中にほのかな辛味が口の中に拡がっていきます。さすが田園調布に家が建つ一品です。



さて宴もそろそろ終わりに近づいてきました。外には2時間待ちしている憐れな子羊達が群れをなして並んでいます。名残惜しいけどここを立ち去らねばなりません。



最後の〆として選んだのはスタミナ苑オリジナルの杏仁豆腐。



これまた濃厚。杏仁豆腐界の風に吹かれて豆腐屋ジョニーやぁ~!!



小一時間、まさに肉のワンダーランド、アミューズメントパークにいた我々はお勘定を頼みました。これだけ食って4人で〆て37,000円也。大食漢の兄様がいてこの値段。確かに牛角とは異なる値段ですが、これだけのものを東京のハイソな所で食べればこの2~3倍は行くでしょう。それを考えると安いと感じます。特にあの特選上ロースはロースの枠を超えた既にステーキいや、そんな安っぽい料理名ではこの逸品には申し訳ないと思います。そうまさに焼肉の大トロ。



私達一行は大々満足でまだ行列の絶えぬスタミナ苑を後にしたのでした。



スタミナ苑の公式HP
http://www.mode-web.jp/sutamina/ へー。安倍総理も来た事があるとは。



貴方の焼肉屋の歩き方の参考になれば幸いです。


焼肉東京
¥1,200
株式会社 ビーケーワン


ブログランキングに参加しています。記事に満足した方はクリックお願いします。








スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syunkan1965.blog77.fc2.com/tb.php/6-addb4146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

Author:syunkan1965
夢はプロのカメラマンになる事。と思ったのも束の間、映像編集家になろうと思い、専門学校の学校説明会に行ったが、家族の猛反対に会い、あなく断念。一転WEBデザイナーになろうと決心。色々な資格がある事に驚愕を覚える。まずは座学で勉強し、デジハリに行く事を画策中。今後の私の状況をリアルタイムにご紹介して行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

最近の記事

最新の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

syunkan1965にメールする場合はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。